漢方と薬の違いについて

漢方とは?西洋薬との違いについて

病気や体調不良の時には、病院で薬を処方してもらうことがあると思いますが、多くは「西洋薬」と言われる薬がほとんどです。しかし、最近では、体に優しいからと漢方薬を希望する患者さんも増えているそうです。

 

そこで今回は、漢方とは何か、薬(西洋薬)との違いについて紹介していきたいと思います。

 

漢方とは?

漢方とは、もともと中国(漢)で発達し、日本に渡来して独自の発展をしてきた伝統医学です。患者自身の自覚症状を重視し、病気をからだ全体の不調和ととらえて正しく整えるために使用することが多く、自然治癒力を高めることに重点を置いています。

 

治療に利用される漢方薬は、草根木皮を中心に動物由来のもの、鉱物などの天然物(生薬)を組み合わせて作られます。つまり、生薬を単独で用いることは漢方薬とは言わず、何種類かの生薬を決められた比率と方法で煎じることによって、初めて漢方薬と呼ぶことが出来ます。

 

漢方と薬の違い

薬は有効成分が単一で、切れ味が鋭く、例えば感染症の菌を殺したり、熱や痛みをとったり、血圧を下げたりするなど、一つの症状や病気に対して強い効果があります。一方、漢方は、複数の生薬を組み合わせた薬ですので、それぞれの生薬が持つ有効成分を一気に発揮することが出来ます。

 

したがって、漢方は複数の病気や症状に対する治療に有効と考えられ、慢性的な病気や全身的な病気の治療などに利用されることが多いです。

 

薬の選択の仕方

薬は、病気の原因を探るために様々な検査をした結果、病名を決めてから選ばれます。また、同じ病名で同じ原因や症状を取り除くためには、同じ薬を用います。漢方では、「四診」により患者さんの体質やそのときの症状を判断して、その人に合った漢方薬が処方されるという特徴があります。

 

「四診」とは、目・舌・爪・顔の色や体型を目で見る「望診」、声のはりや喉から出る呼吸音を聞いたり、痰や排泄物、口臭、呼気臭などを嗅いだりする「聞診」、患者さんに質問をして現在の症状や体質などを尋ねる「問診」、患者の体に触れて脈を測ったり、お腹を押したりする「切診」のことで、基本的に五感でとらえる情報を基に診察を進めていきます。

 

漢方では、違う病気に対しても、体質や症状が似ていれば同じ漢方薬が処方されることもあります。

 

効き目の速さや強さ

薬は速効性があり、効き目が強いのが特徴です。しかし、効き目が強く出過ぎて副作用が現れることもあり、薬の服用を出来るだけ避けたいという考え方の人もいます。漢方は遅効性のものが多いですが、風邪薬や胃腸薬は速効性があると言われています。

 

多彩な症状にマイルドな作用を現し、比較的副作用は少ないと言われますが、時に副作用が出る場合もあります。